当院に設置しております歯科用CTをご案内

さいたま市大宮区のケン歯科クリニック
アクセス・地図 診療方針 院内案内 費用(料金表) 相談フォーム インターネット初診予約
ホワイトニング
審美歯科
インプラント
入れ歯
歯周病
予防歯科
矯正歯科
小児歯科
訪問歯科
歯科Q&A
ネット予約
アクセス・地図
地図「大宮」駅西口

JR「大宮」駅西口から徒歩12分

スマホサイトQRコード
スマホサイト用QRコード
アドレスをメールで送る

携帯電話用サイトQRコード
携帯電話サイト用QRコード
アドレスをメールで送る

歯科用CTスキャン

当医院では、精密診断機器として歯科用CTスキャンを利用しています。撮影から診断まで当院で即日に行えます。

CT歯科ドックのご案内

CTでの診断は、インプラント治療にだけ必要と思われがちですが、今では通常の歯科治療でも疾病の診断に有効です。

歯周病診断における歯を支える骨の欠損状態、歯の根の治療における形態や病巣の状態、虫歯の診断などあらゆる診断が可能です。
口腔外科領域では、親知らずの状態や上顎洞などの病変の診断などCT診療にはさまざまなことに使用可能です。
分かりやすい説明と実際に見えない部分の説明ができます。

歯科用CT

当院には最新の歯科用CTスキャン装置を導入しています。
従来のレントゲン写真では2次元の平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像が得られます。
3次元の高画質な画像を用いることで、より多くの情報が得られ、従来のレントゲン写真では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ち、より正確な診査、診断が可能になります。

見えないところが一目瞭然

一般のレントゲンで見えなかったものが容易に確認できるようになりました。歯の中や骨の中まで立体的に見えるので、正確な治療計画を立てることができます。
歯や顎だけでなく、上顎洞の形態や粘膜の状態、病巣、神経、血管の構造なども、3D画像やスライス画像で確認できます。

治療の安全性の向上

インプラントだけではなく、親知らず、矯正、根管治療など、幅広く歯科治療に用いることができ、精密な診査、診断により、治療の安全性が高まります。

例えば、一般のレントゲン写真で歯の長さを測っても、その距離は正確ではありません。
一般のレントゲン写真で撮影された歯は、拡大されて写っているからです。
歯科用CTスキャンは、歯や顎の状態を水平、垂直、奥行で撮影し、立体的にコンピューターに記録します。3次元で処理することにより、正確な距離を測ることができます。

骨を扱う手術において、正確な骨の長さを確認できなければ、より安全な手術は行えません。インプラント治療は、骨を扱う手術になりますので、CTスキャンは必要な検査となります。

歯科用CTの活用例

インプラント

インプラント治療において術前のCT検査は、必ず必要になります。CT撮影により顎の骨の状態を確認でき、インプラントの埋入位置の測定を正確に計測することができます。
また術後の状態も当院にてCT撮影を行えますので、計画的にインプラント治療が行われているかを正確に把握することができます。

インプラントのシミュレーションCT撮影 インプラントのシミュレーションCT診断
インプラントのシミュレーション

従来の2次元でのレントゲンでは、立体的に状態を把握できませんし、距離を測定しても拡大された距離となりますので正確な距離は把握できません。
また術後の確認を当院にて正確に把握することができますので、より安全なインプラント治療を行うことができます。撮影から診断までその場で即日に行えますので、患者様が外部の医療機関にCT撮影に行く手間も省くことができます。

歯周病の診断

歯周病による歯槽骨の吸収度合いを3次元で確認できますので、どの歯が保存可能なのか一目瞭然に分かります。

親知らず、埋伏歯の抜歯

3次元画像により、下顎管の近接状態や歯の根の形態などを正確に把握することができます。

親知らずのCT撮影 親知らずのCT診断a
親知らずのCT診断b 親知らずのCT診断c
親知らずのCT撮影

根管治療(歯の根の治療)

根管の位置や方向、側枝の状態、歯根先端の病巣の状態が3次元画像で正確に把握できます。
歯が折れている場合(歯根破折)も、従来のレントゲンでは不明瞭で確認しにくいものも、CTでは正確に確認できます。

Q&A

歯科用CTと、医科用CTとの違い

ケン歯科クリニックの歯科用CTは、一般的な医科用CTの放射線被爆量の1/24とかなり低く撮影できます。放射線被爆量がかなり少なく安全にCT検査ができ、撮影時間も約15秒で短時間なので、患者さんの時間的負担も少なく撮影できます。

当院の最新歯科用CTと、他機種との違い

ケン歯科クリニックの歯科用CTは撮影範囲が16cm×8cmと歯科用CTの中でも最大級の範囲で、一回で顎全体が撮影出来ます。顎全体を撮影する際には4cm×4cmなどの小範囲歯科用CTでは、何度も撮影する必要がありますが、当院では一回ですませることが出来ます。
小範囲歯科CTでも、当院の広範囲CTでも、一回あたりの被爆量はほとんどかわりません。
もちろん当院でも小範囲のCT撮影も設定可能です。

歯科用CTの放射線被爆量は問題ないとされる量ですが、少ないことに超したことはありませんので、当院のCTはオススメです。
また、精密さも最高級なので、広範囲を高画質で診ることが出来ます

歯科用CT(3次元)と、2次元のレントゲンとの診断の違い

歯科用CTでは、主に骨や歯を三次元でみることが出来ます。0.1mm×0.1mmの非常な小さな単位で識別360度あらゆく角度で診ることが出来ます。
平面の二次元の一般的なレントゲンとは、まさに次元が違う診断が可能です。

一般的なレントゲンでは骨の高さはおおよそわかりますが、幅や骨密度、厚さ、形態、重要な血管や神経の正確な位置はわかりません。
しかし、CTであれば確実に把握することが出来ます。長さや幅も実寸で測定できます。具体的な骨や歯の形が立体的にわかるので、インプラント手術、骨の形の形態修正、骨を増やす手術などに威力を発揮します。

大宮の歯科 ケン歯科クリニック
診療時間
9:00 〜 13:00××
15:00 〜 19:00××
ご予約は、048-711-4181 または 初診受付にて
© 大宮の歯科 ケン歯科クリニック 〒330-0854 さいたま市大宮区桜木町4-938(JR大宮駅徒歩12分) 048-711-4181